さすがチャンピックス

さすがチャンピックス

禁煙治療薬として禁煙外来で処方されるチャンピックスは世界で最も売上げを上げている米国のファイザー社の医薬品です。実績と信頼のあるお薬なので禁煙を本気で考えているのであれば、是非一度お試しください。

チャンピックスの素晴らしい禁煙効果

チャンピックスは禁煙に効果の高い飲み薬として、現在非常に注目を集めています。その効果は、単に「タバコが我慢しやすくなる」といっただけのものではありません。禁煙時・中断時・そして禁煙の成功後という3つの面において、素晴らしい効果を発揮するのです。

まず、禁煙を始める時、最も問題となるのがタバコへの渇望です。喫煙への中毒性とは、脳にあるニコチン受容体がニコチンと結合することで生まれるドーパミンによって引き起こされます。ドーパミンは快感を生じさせる物質ですから、脳は心地よいと感じたことを繰り返そうとします。ここで、チャンピックスに含まれる成分が、ニコチン受容体と結合し、タバコへの欲求を抑えるのです。

チャンピックスにはバレニクリン酒石酸塩と呼ばれる有効成分が含まれており、この成分は構造がニコチンと非常に似ています。そのため、脳にあるニコチン受容体と結合することが出来ます。
結合によってドーパミンが発生し、脳は快感を得ることが出来るため、ニコチンを必要としなくなるのです。バレニクリン酒石酸塩に中毒するのではないかという指摘もありましたが、この成分の作用によって発生するドーパミンの量は、ニコチンの約3分の1です。より効果の柔らかいものであるため、ニコチンが引き起こすような中毒の心配はありません。

禁煙を続けている最中に、つい習慣的にタバコに手が出てしまった、という場合にも、チャンピックスの効果は発揮されます。ニコチンを受け取るはずの受容体が、すでにバレニクリン酒石酸塩によって塞がれていますから、ドーパミンの発生もありません。脳がニコチンによって感じるはすの快感を得られないため、タバコを「おいしい」と感じにくくなるのです。

長くニコチンを受け取ることがなかったニコチン受容体は、次第にその数を減らしていくと言われています。「吸わずにいれば、そのうち欲しいと思わなくなる」と言われるのはこのためです。チャンピックスによって脳はニコチンへの欲求を無くしていき、やがてタバコを必要としなくなるのです。

ニコチンを含んだガムやパッチによる禁煙療法との違いが、ここにあります。タバコをただ我慢しても、ニコチンに対する依存を減らすことは出来ません。ニコチンとは全く違った成分を使うことにより、これまでの「吸いたくなくなるまで我慢を続ける」といった禁煙ではなく、「脳が欲しがらなくなるまで続ける」という画期的な禁煙療法が生まれたのです。