さすがチャンピックス

禁煙治療薬として禁煙外来で処方されるチャンピックスは世界で最も売上げを上げている米国のファイザー社の医薬品です。実績と信頼のあるお薬なので禁煙を本気で考えているのであれば、是非一度お試しください。

チャンピックスの使用方法について

チャンピックスは病院の中に在る禁煙外来を利用する事で禁煙補助剤として処方して貰える医薬品です。
禁煙外来では、専門医が禁煙に対するアドバイスや指導を行ってくれると同時に、禁煙補助剤としてチャンピックスが処方されることになります。

尚、チャンピックスには眠気や吐き気と言った副作用が起きる可能性が高いとされており、医師による処方の際にはこれらの注意点に対する説明を受ける事になります。
特に眠気と言うのは自動車を運転する人にとって大事故に繋がる可能性が高いため注意が必要で、自動車の運転を行う前のチャンピックスの服用は避ける事が大切です。

専門医による指導や禁煙に対するアドバイスを受ける事で、自分一人では禁煙が難しかった人も成功する可能性が高くなると言います。

尚、チャンピックスの使用方法は12週間の服用の中で1週目だけは薬の量が少なくなります。
また、1週目と言うのは、どうしても煙草を吸いたくなった時は喫煙をすることが出来ると言う特徴が有ります。
これは他の禁煙補助剤に無い、チャンピックスの特徴でもあるのです。

使用方法は、最初の3日間は0.5mgの錠剤を1日1回服用し、4日目から7日目までは1日2回に代わります。
更に、8日目からは1日2回となり、薬の量も倍となる1mg錠を服用し、12週目まで服用を続けると言う使用方法になります。

尚、先ほども副作用の話の中で吐き気を催すと言う副作用が有ることを説明しましたが、チャンピックスを服用する事で吐き気を催す事もあり、薬の服用は食事前に行う事が推奨されています。

尚、禁煙外来での処方は薬の副作用などにおける相談も出来ると言うメリットが有りますので、何らかの症状が現われた時は専門医に相談する事がお勧めです。