さすがチャンピックス

禁煙治療薬として禁煙外来で処方されるチャンピックスは世界で最も売上げを上げている米国のファイザー社の医薬品です。実績と信頼のあるお薬なので禁煙を本気で考えているのであれば、是非一度お試しください。

世界最大の製薬会社である米国のファイザー社とは

米国のフェザー社とはニューヨークに本社がある巨大な企業で、製品の総売上が世界で第1位の製薬会社として知られています。日本にも東京都渋谷区にこの会社の日本法人の本社があります。
米国のフェザー社とはどのような歴史をたどってきたかを簡単に述べると、1849年に創業したフェザー社は、当初は南北戦争における北軍の医薬品の製造をほぼ一手に引き受けていました。創業当時から20世紀前半までの間はクエン酸が特に重要な製品となっており、第一次世界大戦の開始当初までは原料を輸入して製造していましたが、大戦中に砂糖クエン酸転換と呼ばれる方法を開発してからは輸入に頼らずにクエン酸の製造ができるようになりました。そして、このときの研究・開発の成果は、ペニシリンの量産工程の開発へとつながりました。
第二次世界大戦後、1950年代からフェザー社は世界展開を推し進めて、経営規模を急速に拡大させていきました。1990年代からは有力な新薬を開発した製薬会社に対して、買収を仕掛けることによって企業を成長させていき、当時米国で起こっていた製薬業界の再編をリードしていきました。しかし、近年は、特許の失効がせまっていた主力製品の後継となる新薬の開発の失敗と、特許切れの製品の後発品の台頭などが影響して売上高が伸び悩んでいることから、経営の見直しがすすめられています。
フェザー社の日本法人は、米国のフェザー社とは親会社と子会社の関係になっています。フェザー社が日本に進出してきたのは1950年代半ばです。日本法人は最初は田辺製薬との合弁企業でしたが、後にこの合弁会社の田辺製薬の持ち株を台糖へ譲渡して、台糖との合弁企業となりました。そして、1983年に米国のフェザー社が株式を全て取得し、日本法人を完全子会社化して現在に至ります。